東京大学大学院 工学系研究科 原子力国際専攻 出町研究室

研究内容

内部脅威者の検知
深層学習を用いた構造物の欠陥深さ同定

原子力発電所等における内部脅威者の妨害破壊行為を画像解析により検知し、かつ予測する手法を開発しています...

腫瘍位置&
形状追尾型放射線治療

深層学習の長-短期記憶(LSTM, Long-Short Term Memory)を用いて、渦電流探傷(ECT, Eddy Current Testing)信号から構造物に発生した表面欠陥の深さを同定する手法を開発しています。

呼吸に伴い動く肺腫瘍の「位置」予測は既に成功しています。更に「形状変化」の未来予測をする事で正常組織への被爆を最小限に...

動画像の未来予測技術

動画情報をもとに未来を予測する手法の開発をしています。以下に本手法の概要を示します...

動的機器モニタリング信号の異常予兆検知
情報エントロピーによる原子力発電所の事故時情報信頼性評価

原子力発電所等におけるポンプなどの動的機器の振動値時系列データから、従来の手法よりも早期・かつ高感度の異常検知を行います...

原子力発電所の過酷事故時において、多数のセンサの故障した状況下でも、情報エントロピーを用いてプラント状況を推定する手法の開発を目指しています...

© 2018 by Demachi Laboratory. Created with Wix.com